基礎断熱~タイト・モールド工法~ | 豊川市の注文住宅ならK'sファクトリー



『  タイト・モールド工法  』




"断熱材"でできた基礎型枠
"タイト・モールド"

タイト・モールドとは断熱材でできた基礎型枠のことです。
従来の鋼製基礎型枠と違い、特殊スチロール素材のため非常に軽く、
コンクリート打設後の型枠の取り外しが必要ありません。
基礎断熱の施工が誰にでも高い精度で簡単に行える。

今までにない新発想の型枠です。




実際にこの基礎にすることによってメリットは・・・

基礎をまるごと
断熱材で包み込み
極めて高い断熱効果を発揮


住宅の基礎は外気の影響を受け続ける過酷な環境にあります。
一般的な床断熱や基礎の内側だけの断熱施工では、冷気がそのまま
基礎の外側からコンクリートを冷却し、
居室内の床は想定以上に冷えてしまいます。
寒冷地に本社を置く当社が開発したタイト・モールドは、
施主様にご納得いただける本物の基礎断熱を実現する画期的な商品です。


型枠の強度を向上させる
鋼製金物


タイト・モールドに埋め込まれた鋼製金物が型枠の強度を向上させ、
コンクリート打設時のバイブレーターやコンクリ圧にも耐えられる特殊構造になっています。






『  タイト・モールドの3大特徴  』











シロアリは基礎断熱の大敵です。
基礎に外張りされた断熱材は、シロアリにとって格好の標的となります。
基礎の外側を断熱材で覆い、シロアリから断熱材を守りたい。
この思いを胸にシロアリの生態や習性を徹底的に研究し開発された
タイト・モールドには独自の防護策が施されています。
シロアリ対策安心の10年保証が自信の裏付けです。













タイト・モールドは浮かし型枠のため、
耐圧盤と立ち上がりのコンクリートを同時に施工する
一体打ちが簡単にできます。
コンクリートの一体打ちは、継ぎ目のない強い
ベタ基礎を作るうえで欠かせません。
基礎に継ぎ目を作らないことで、経年劣化による
水やシロアリの侵入を大幅に軽減する強い基礎になります。















タイト・モールドは内側の浮かし型枠がミリ単位で
上下に移動調整できます。そのことにより、型枠の天端を
水平に調整すると同時に基礎天端が決定できる
大きなメリットを生み出します。
タイト・モールドなら、水平精度の高い基礎施工が簡単に
行え、従来の基礎工事の精度や土台据えの手間を大幅に改善します。






知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料「成功」した人だけが知っている
家づくりのポイント
小冊子詳しくはこちら

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

メニュー
  • お電話でのお問合せはこちら 0533-89-3332